×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「きみはペット」エキストラ参加
4月8日 14時集合

何をはりきりすぎたのか、14時集合だっていうのに11時には現場に(笑)
それも強風&雨ぱらつくの中。やっぱり私って松本担?いや、むしろモモ担。
11時に集合場所行ったら人いなくて、集合場所間違ってるんじゃないかと不安に。
とりあえずご飯食べてから15時くらいにもう一度現場に戻るとちらほらと人が。
場所が間違っていないことに安心し、そのまま14時まで待機。強風&雨ぱらつくの中でね・・・

14時集合。簡単な説明後、点呼(笑)そこで座席が決定。私は4列目の中央ブロックやや左より。
珍しく勝ち組(あとで負け組だってことに気付くんだけどね・・・)そして15時15分に再集合。
雨が強く寒くなってきたので今度はスタバに避難。

15時15分に再集合するものの、屋根ある屋外でしばし待機。
屋根あるっていっても寒いし、強風で雨が吹き込んでくるからちょっとまいる。
やっと中に入れたかと思えば会場前で待機。そのあとホール前の扉でまたまた待機。
しばらくして入れる〜って思ったらなぜか後列の方々からの入場。
前からG列くらいまではそのまま扉前で待機とか言われて「???」
よくよく聞けば中ではすでに撮影をしているらしく前列は今必要ないので入れないって(涙)
やっぱり負け組なのであった・・・

そこからさらに待たされること30分くらい。
結局自分がホール内に入れたのは18時くらいだったような。
やっぱりタダで松本様に会うんだもん、これくらいの待ち時間は当然ね。
席は本当に前から4列目。入ったときは松本モモ様の代役の方が中央で位置確認中。
舞台上では他ダンサーさんも動きのチェックなどしてました。
ダンス公演を見に来ているお客さんの役なので
ただひたすら舞台上で踊っているのを見ている私たち。
そうこうしているとテストが始まるということでいよいよ松本様が!
その時、私の脇(通路際だった)で女性のエライ人?プロデューサーさん?がトランシーバー会話。
「本人希望により挨拶なし」って聞こえた。要するに松本様のご挨拶がないってことね。
そうね、そうね、役に集中ね(勝手に解釈)

舞台上が暗くなり上手から静かに松本様登場。
赤のデコボコしたTシャツに黒は黒パンツ。(ちなみに他ダンサーさんは上下黒)
髪型はさらに倍!って感じ(どんなだよ!)
ダンスはAパターンとBパターンの2種類録り。
最初Aパターンから。Aパターンは後ろ姿の松本様が上に手を伸ばすとこから始まり、倒れる。
真ん中で少し踊り、途中下手側でかなり激しいステップ踏みます。すごい早さ。ビックリ。
そして下手にはけたと思いきや、少ししてまた下手より登場。
少し踊り真ん中で決めのポーズで終了。
テスト終了後はダンスの直しが入ったり、照明などの直し。

テスト2回目。
2回目は1回目よりも抑えて感じで踊っておりました。
テスト後、上手そででダンスの指導を受けておりました。終始真剣。
その後スタンバイ。
先生に「潤くん(もう本番いっても)大丈夫?」って聞かれて
両手でおっきなマルを作って答えておりました(可愛らしい)
あと時折生声で返事とかも聞こえて、もう私、いっぱいいっぱい。
どこの合間か忘れたけどカメラの位置を確認とかしてる姿とかも仕事人って感じで尊敬でした。

そして本番録りも終了。
本番終了後はチェックするためにすぐ上手に捌けて行きました。
前半はあまり笑顔とかなかった。真剣真剣。
本番OK。

ということでここでトイレ休憩。

トイレ休憩後はBパターン録り。
Bパターンは正面向いて上に手を伸ばすとこから始まり、顔を掌で覆うとこがある。
倒れるのと激しいステップなし。あとはだいたい同じ感じ。
自分的にはBパターンの方が好みかな。

リラックスしてきたのか後半は割と笑顔が見られる。
可愛いんだな、これが。

まず1テイク録りその後、振りが不安なのかモモは黙々と振り確認。
「音ください」とか言っちゃったりして音つきでの振り確認も続く。
確認だから手だけを抑えめに動かす程度にしか踊らないところがステキ。

2テイク目は松本様、ちょっと音と動きズレちゃったとこあって(というか私判断であったと思う)
ご自身も納得いかなかったらしく録り後のチェックに行かずその場に佇む。
どうやらチェックするまでもなくもう一度やるつもりらしい(笑)
そしてやはり女性のエライ人にもう一回をお願いしていた。
とりあえずダンスの直しということで、松本様にも振りで直しが。
先生の言っていることを真剣に聞いていて、
それをちゃんと自分の物にしようとしている姿がかっこよいです。
音付きで先生に見て貰おうとするんだけど、先生は後ろのダンサーさんの直しに夢中。
ちょっと松本様不憫でした(笑)
でも先生に「(本番)大丈夫?」って聞かれたら「大丈夫」って言うからスゴイ。
3テイク目はビシッと決まり、松本様チェックに向かいました。納得いったんでしょうね。

無事に撮影が終わり、女性のエライ人の仕切りで本日の出演者ご挨拶に。
まず松本様なんだけど、マイクがハウっちゃっててマイクを受け取るのをちょっとためらってた。
怖々受け取ってからの第一声が「あ、ども」会場内笑いと軽い悲鳴。
「こんな所まで来てくださってどうもありがとうございます。
またこういうの(エキストラ系)あると思うのでまた観に来てください」
というようなことをおっしゃっておりました。
続いて瑛太くんとさとみちゃんが呼ばれご挨拶。で最後、ダンサーさんと先生ご紹介。
中央にいた松本様はダンサーさん全員が舞台上にのるよう(中央に来られるよう)素早く下手側に寄ったけど
瑛太くんとさとみちゃんがそのまま中央に残ってて、
そしたら松本様が手招きして二人を下手側に寄らせておりました。
そういう気遣いにまたまた惚れた。
ラストは空手の挨拶みたく掌を合わせるのして捌けていきました。

***

終始、真剣に仕事している姿が間近で見られたことにまず感動。
とても年下とは思えない。

それとねー相変わらず白い細い。他のダンサーさんに比べても異常に細い。
健康なんだよね?大丈夫なんだよね?
指も細長くてキレイだったなー
動かず佇んでると彫刻みたい。
キレイ。

踊りは激しくなくダンサーさん達よりは易しい感じだけど
表現力があったと思う。
表情がよかった。

またほとんどのエキストラの人が松本様目当てだったと思うけど
そういう人たちの視線を一身に浴びても全然臆さないところがやっぱりスターなのね、と(笑)
全然恥ずかしがることもなく、淡々と仕事することができるってすごくない?
松本様クラスになると普通のことなの?緊張とかしないの?聞いてみたい。